▲トップへ

FX(外国為替証拠金取引)の仕組み

FX(外国為替証拠金取引)の基礎知識

FXの仕組み

まずはじめにFXの仕組みを解説しておきましょう。FXは外国為替証拠金取引といって、各国の様々な通貨間の為替変動を利用し、為替差益を得ることを目的としていて、証拠金(FX口座にある残高)を元に最大証拠金の25倍の取引をすることが可能です。

 

例えば、日本円で米ドルを買いたいとします。レートが1ドル100円の時に、単純に1ドルを100円で買うことができます。
100円が1ドル
後日、レートが1ドル120円と円安なりました。そこで、ドルを円に売り戻してやると、120円になって帰ってくるわけです。この20円が為替差益です。
1ドルが120円
もし、あらかじめ円安になることを予想できたとして、120円に達したら売り戻そうと考えていて、予想通りになったとき、利益がたったの20円の利益じゃあ満足できませんね。そこで、どうせなら1ドルじゃなくて、1万ドルくらい買いたいと思うわけです。為替差益は1万倍で20万円の利益になるという皮算用ができます。

 

しかし、1ドル100円のときに1万ドル買うには、通常100万円が必要です。なかなか100万円の余裕資金はないという人も多いでしょう。ちなみに、銀行で外貨預金をする場合は、買付レートが実際のレートより大幅に低く設定されているので、100万円払っても1万ドルにはなりません。

 

そこで証拠金取引という仕組みが生まれたのです。

 

少ない資金で大きな取引が可能

FX取引を始めるにはまず、必要な資金をFX口座に入金します。この資金は証拠金と呼ばれ、FX取引するために必要な担保となります。この証拠金に対して最大25倍の取引を可能としています。この倍率はレバレッジと呼ばれていて、日本ではレバレッジの上限を25倍までと規制されています。

 

1ドル100円の時に1万ドルの建玉を保有するには、通常100万円必要です。25倍のレバレッジを利用すると、口座にその1/25となる4万円の残高があれば、最低限の取引※1が可能な状態です。つまり、少ない資金で大きな取引が可能というわけです。

 

また、FX取引で得た利益は、FX口座に即時反映され次の取引の証拠金となるので、もし順調に利益を増やせるなら、1万通貨から2万、3万・・・100万、200万とさらに高額な取引が可能で、実際にFXで生計を立てているプロのトレーダーもいます。FX取引の最大の魅力ですね。

 

※1 最低限というのは、レートが予想と逆に動いて含み損を抱えてしまうと証拠金不足となり、強制的にロスカットになる事があるので、余裕を持った残高が必要です。

 

売り取引からエントリーも可能

証拠金取引のメリットは、単に少ない資金で大きな取引ができることだけではありません。FXの証拠金取引は、FX口座に入金した証拠金を担保金としてお金を借りて運用することになります。つまり、証拠金が直接為替取引に利用されている訳ではないということがポイントです。このことは、自国通貨の円でドルを買う取引(買い)だけでなく、円高ドル安を予想して、いきなりドルで円を買う取引(売り)からのエントリーも可能にしています。さらに、まったく円の絡まない通貨ペア(ユーロ/ドル、ポンド/ドル、ユーロ/ポンドなど)で取引が可能なことも、証拠金取引ならではのメリットです。

 

SBIFX取引画面

 

上の画像はSBI FX TRADEの発注メニューです。レートが表示されていて、赤いレートボタンが買い注文、青が売り注文です。それぞれワンクリックで約定(注文が成立すること 読み:やくじょう)します。決済する場合はその逆、買ったら売り、売ったら買いでそれぞれ決済されます。ただし、両建て可能の設定をしている場合は、買いの建玉を保有していても売り注文で買いの建玉は決済されず、買いの建玉と売りの建玉それぞれ保有することになるので、別の決済画面から個別または個別に決済する必要があります。両建ては無意味なので私はやらないことを付け加えておきますが。

 

SBI FX TRADEでは真ん中にスプレッドが表示されています。見ての通りこの時のドル/円のスプレッドは0.19銭です。0.19銭で取引しているともうほとんどスプレッドの不利という感覚はなくなり、純粋にレートが上がるか下がるかに集中できます。以前は0.27銭原則固定と謳っていました(それでも業界で最も狭い水準)が、原則固定の表記がなくなり、指標発表時や早朝などで広がることが増えたものの通常時は0.19銭でほぼ推移しているので、今までより良くなった印象を持っています。スプレッドの安定感は定評があるので、初心者からプロ級の方まで是非利用して欲しいFX口座です。

 

SBI FXトレード

 

 

証拠金額はどのくらい必要?

為替変動による取引中の含み益や含み損は、FX口座に預け入れた証拠金の中からやりくりされます。含み損が増えると取引可能な証拠金も減ることになります。証拠金不足が発生すると強制的にロスカットされることもあるので、取引を始めるにはある程度余裕を持った証拠金を入金する必要があります。持論ですが、取引しようとする通貨ペアの最低限必要な証拠金額の3倍程度の余裕資金を入れておくと良いでしょう。ドル円を1万通貨で取引するなら必要証拠金は、46,000円(2017/10/03現在)の3倍とすると14万程度入金できれば良いと思います。

 

投資のリスク

強制ロスカットの話と被るのですが、FX投資にはリスクがあります。1ドル100円の時に円安が進むと予想して1万通貨で買いでエントリーしたとします。相場が予想に反して99円まで円高に振れた場合、10,000円の含み損になります。そこでロスカット(売り)したとするとそのまま10,000円の損となって証拠金が目減りします。もし最低証拠金額を下回ってしまうと強制ロスカットとされてしまう事もあります(FX会社によって強制ロスカットのルールは多少異なります) 。

 

FXで勝つために

1回ごとのトレードで100%勝つことは不可能です。それでも、FXで上手に資金を増やしていく方法は、損を出来るだけ小さくして利を大きくするいわゆる損小利大だといわれています。全くその通りだと思うのですが、初心者の方がその本当の意味を理解するにはある程度の経験が必要です。含み損のまま塩漬けされ続けるポジションはすぐに解消して新しい機会を待つべきだし、かと言って損ばかり利無しに陥ることもFXあるあるですね。詳しくは別の機会で紹介したいと思います。

 

FXではなぜ負け組が多いのか?勝ち組になるコツを伝授

関連ページ

トレードスタイルを決めよう|初心者のFX講座1
FX初心者が取り返しのつかない失敗をしないため指南します。まず自分の性格に合ったトレードスタイルを決めましょう。スキャルピング、デイ、スイング、ポジション、スワップトレードのトレードスタイルに自分に最適なスタイルが分かります。
手法とトレードルール|初心者のFX講座2
トレードを始めるにあたって、トレードに取り入れる手法とトレードルール作りは必須です。同じ手法でもリスクリワードを加味したトレードルールは目の前の結果ではなくトータルで利益を残すためのルールです。あなたのトレードスタイルに合ったトレードルールを構築しましょう。
トレードのシナリオ|初心者のFX講座3
ロング(買い持ち)するのか、ショート(売り持ち)するのか予め決める。経済の基礎的要因(ファンダメンタル)やチャートの状況判断から、シナリオ作りをしておくのです。こうすることで無駄なエントリーが減り大切な資産を守るリスク管理に通じるのです。
メンタルを強く保つ|初心者のFX講座4
トレードルールを守れない、原因はメンタルの弱さです。どんなに相場について学んでも、利益を上げるためのトレードルールを構築しても、トレードルール自体を守れなければ、意味がありません。メンタルを強く保つための秘訣についての記事ですのでご覧ください。
初心者に優しいFX口座
FXをこれからはじめようとする初心者にとって一番初めの大事な選択が口座選びです。「FX口座どこがいい」の当サイトはタイトルの通り、どこの口座が一番あなたに合っているのかご案内しています。業者によって特徴は様々ありますが、ここでは特に初心者に最適なFX業者をご紹介します。